時事ドットコム
地球観測衛星打ち上げ失敗=350億円、海の藻くずに-NASA

 米航空宇宙局(NASA)は4日、地球温暖化などを調べる地球観測衛星「グローリー」の打ち上げに失敗したと発表した。衛星の分離に失敗、ロケットは軌道に到達せず、太平洋に落下したとみられる。
 ロケットはオービタル・サイエンシズ社(バージニア州)の「トーラスXL」で、NASAは2009年にも観測衛星を搭載した同ロケットの打ち上げに失敗していた。今回の打ち上げ費用は約4億2400万ドル(約350億円)。財政赤字削減が米政権の最大の政治課題となっている中、NASAへの風当たりが強まるのは必至だ。

NASA – NASA’s Glory Satellite Fails To Reach Orbit
Orbital Sciences Corporation