47News
徳島・鳴門海峡で渦開き 春到来、海に金の鍵投げ入れ

 複雑な潮流と地形が生みだす豪快な渦潮で有名な徳島県鳴門市沖の鳴門海峡で5日、春の観光シーズンの訪れを告げる「渦開き」があった。
 観光客約100人を乗せた観潮船の船上で、主催の鳴門市観光協会の関係者らが安全を祈願。渦が間近に見られる大鳴門橋の下に近づくと、「鳴門うずしお大使」の前田景子さん(30)とサッカーJ2徳島ヴォルティスのマスコット「ヴォルタくん」が、「渦の扉を開く」との意味を込めた長さ1・7メートルの金色の鍵を海に投げ込んだ。
 透き通るような青空の下、乗客は迫力のある渦潮を楽しんだ。大阪市の会社員高見敦子さん(45)は「波打つ様子がとても奇麗。また見にきたい」と満足そうだった。
 鳴門市によると、渦潮の見ごろは3月末から5月ごろまでで、最大で直径20メートルを超えるものもある。

鳴門市観光協会~観光旅行のお役立ちサイト~
高速観潮船◎うずしお汽船◎
うずしおクルーズ・淡路島発、鳴門の渦潮観潮船「咸臨丸」