産経ニュース
太陽の塔「黄金の顔」初めて地上に 大阪万博、初代あす公開

 大阪府吹田市の万博記念公園で「太陽の塔黄金の顔展」が5日から開催されるのを前に4日、報道関係者向けの内覧会が行われた。
 岡本太郎生誕100年を記念し、日本万国博覧会記念機構が企画。初公開となる「黄金の顔」は、大阪万博の際に太陽の塔に取り付けられていた初代の実物。直径10.6メートル、鼻の高さ2.8メートルの巨大な顔を間近で見ることができる。
 4月10日まで。同展ではこのほか、大改修の様子を撮影した映像や万博開催時の写真パネル、ホステスの制服のレプリカなど計約300点を展示する。問い合わせは同展会場((電)06・6877・4737)。

太陽の塔 黄金の顔展 | 独立行政法人 日本万国博覧会記念機構