産経ニュース
「ダイヤモンド富士」見よう! 身延山ロープウェイが早朝運行 山梨

 富士山頂の中央部から朝日が昇り、ダイヤモンドのような輝きを見せる珍しい現象「ダイヤモンド富士」を山梨県身延町の身延山頂(標高1153メートル)から見てもらおうと、身延山ロープウェイ(身延登山鉄道)は12~14の3日間、早朝運行を行う。身延山頂からは例年、3月中旬のこの時季と10月上旬にダイヤモンド富士が望める。
 午前6時28分頃の日の出時刻に間に合うよう、早朝運行は3日間とも山麓(さんろく)の久遠寺駅午前5時発を予定。混雑状況次第で順次、臨時運行するという。山頂では甘酒や携帯カイロの無料サービスもある。普段の午前9時始発を大幅に早めた。荒天の場合も運行を予定。
 久遠寺駅から山頂の奥之院駅まで所要時間は約7分。標高差が763メートルあり、徒歩だと約2時間半かかる。山頂からは富士山以外にも、南に駿河湾や伊豆半島、西に七面山、北に南アルプス連峰、八ケ岳連峰などを望める。「ダイヤモンド富士写真コンテスト」も実施する。
 同社の担当者は「癒やしと信仰の山頂のパワースポットでダイヤモンド富士をぜひ見てほしい」と話している。
 問い合わせは(電話)0556・62・1081。

身延山ロープウェイ
「第18回ダイヤモンド富士観賞会」のお知らせ | 身延山ロープウェイ
Wikipedia : ダイヤモンド富士