47News
平等院鳳凰堂創建時の天井板戻る 大学准教授が寄贈

 平等院(京都府宇治市)は25日、平安後期に創建された国宝・鳳凰堂の天井板の一部が見つかり、所有していた大学准教授から寄贈されたと発表した。
 平等院によると、明治時代の大修理の際、費用を捻出するために、ほかの部材も含め、売られた可能性があるという。神居文彰住職は「寺から流出したものが戻ってくることはめったになく、この上ない喜び」と話している。
 長さ約2・5メートル、幅約30センチの木の板で、2008年に京都市内の古美術商から奈良教育大の大山明彦准教授(絵画記録保存)が購入。板に描かれた空想上の花「宝相華(ほうそうげ)」の彩色の特徴や配置の仕方が、鳳凰堂の天井に現存する図柄と一致した。
 ほかの木材に覆われて見えなくなる部分からは、朱色で試し描きしたような菩薩像や仏の足先が見つかった。
 大山准教授は「あるべき場所に戻して、大勢の方に見てもらい、多くの研究者に調査してほしい」と、無償で譲渡した。

世界遺産 平等院