AFPBB News
ニュージーランド地震、死者98人に

 ニュージーランドの警察は24日、22日に同国南部で発生した大地震でこれまでに98人の死亡が確認され、226人が行方不明になっていると発表した。
 記者会見した現地警察の幹部は、「がれきに人が閉じこめられている可能性はある」とした一方で、行方不明者には単に連絡が取れていないだけの人も含まれている可能性もあると述べた。
 被災地クライストチャーチ(Christchurch)の象徴である大聖堂は尖塔が折れ、建物が全壊した。最大で22人がその下敷きとなったとみられており、警察はここでの生存者救出を絶望視している。
 救助関係者の間には、ほぼ全壊した6階建ての地元テレビ局カンタベリーTV(Canterbury TV、CTV)のビルでの生存者発見は難しいとの見方も広がりつつある。テレビ局と語学学校が入居していたこのビルでは、約120人が犠牲になった恐れもある。
 この語学学校は行方不明となっている生徒やスタッフの数を48人と改めるとともに、42人について所在が確認できてないとしている。行方不明者の大半はアジア人で、日本の外務省はこの語学学校にいた少なくとも27人の日本人が行方不明になっていると発表した。

■捜索活動の手を緩めず

 最後に生存者が発見されてからすでに24時間が経過しているが、警察は数百人の専門家や捜索犬、災害救助専用カメラ、集音器などを駆使して生存者発見に全力を挙げている。 
 豪、英、米、台湾、シンガポールの緊急援助隊は、約500人の現地救助隊を支援し、クライストチャーチ市内数か所で徹底的な捜索を行っているほか、郊外の被災地へも要員を送り込んでいる。CTVビル付近では、近くにある市内で1番高い26階建てのグランド・チャンセラー・ホテル(Grand Chancellor Hotel)が倒壊する恐れがある中、日本の国際緊急援助隊が徹底的な捜索活動を行っている。
 救出された人の人数は地震当日の22日夜には30人ほどを数えた。23日には全壊したパイン・グールド・ギネス(Pyne Gould Guinness)ビルで勤務中にデスクの下に入り、そのまま26時間閉じこめられた女性も救出されたが、23日に救出された人は少数にとどまった。
 市内の大半で電力は復旧したが、広い範囲で断水は続いている。昨年9月にもM7.0の地震が発生したクライストチャーチでは最近、細かな余震が続いていたため、市外の友人や親族の元に身を寄せていた市民も多い。

時事ドットコム
逃げる間なくビル崩壊か=折り重なる遺体-語学学校ビル現場・NZ地震

 ニュージーランドの地震で、日本人多数が被災したクライストチャーチ市の語学学校「キングズ・エデュケーション」が入居するビルの倒壊現場で見つかった遺体は、折り重なるように倒れていた。救援関係者は、激しい揺れが突然襲って建物が崩壊し、ビル内の人は逃げる間もなかったとの見方を強めている。
 日本から派遣された国際緊急援助隊の片田佳弘副団長によると、遺体の上にはかなりの量の支柱や壁などのコンクリート片が降り掛かっていたという。こうした状況から、建物の崩壊は短時間のうちに、すさまじい力によって引き起こされたとみられる。
 倒壊現場では24日夕、重機などの運転を3~5分間止め、生存者の声や物音が聞こえないか確認する「サイレント・タイム」を実施。午後5時半、サイレンを合図にいったん作業をやめ、隊員が耳を澄まし、救助犬なども使って生存者の手掛かりをつかもうと努めた。
 これまでも何回か試したが、生存者の確認には至っていない。捜索は3日目に入り、刻々と生存の可能性が低くなるとの危惧もあり、今回は作業を止める規模を広げて行った。
 生存者発見の可能性に関し、ニュージーランド警察当局から悲観的な声が聞かれるようになったとの指摘もある。しかし、片田副団長は「われわれは救助チームとしてきている。望みがあると思ってやっている」と語った。

【追記】
47人の遺体発見=語学学校のビル倒壊現場-不明邦人、依然27人・NZ地震

 ニュージーランド南島クライストチャーチ市で22日に起きた地震で、地元警察当局は24日、日本人多数が被災した語学学校が入居するビル倒壊現場で、これまで計47人の遺体を発見したと発表した。同日の捜索では23人の遺体が見つかった。今後、遺体を検視した上でDNA型や歯型などと照合し、身元の確認を急ぐ。
 日本政府によると、同市の語学学校「キングズ・エデュケーション」で研修中だった富山市立富山外国語専門学校の学生ら日本人計27人の安否が分かっていない。
 同日に現地入りした日本の国際緊急援助隊は、同語学学校が入るCTVビルで24時間態勢の救助活動を続ける。
 地元の警察当局は、同ビル倒壊現場で100人を超える人が生き埋めになったとみており、当局者は「さらに遺体が見つかると考えている」と述べた。同ビルは7階建てで、語学学校は4階にあった。
 また、警察当局は地震による全体の死者が98人、行方不明者が226人に上ると発表した。死者の身元確認は難航しているという。
 CTVビル倒壊現場で救助活動に当たった日本の緊急援助隊の片田佳弘副団長は、がれきの支柱や天井を重機で外したと説明。「遺体が数体折り重なるような状態で見つかった」と明かした上で、「このビル周辺は被害が大きく、局地的な揺れがひどかったのではないか」と話した。
 24日未明に到着した緊急援助隊はオーストラリア・クイーンズランド州のチームと合同で救出活動を実施。余震が続く中、音響探査などの機器も使って、生存者の発見に全力を挙げる。一方、被災した富山外国語専門学校の学生の家族も同日に到着。キングズ・エデュケーション側から状況説明を受けた。(2011/02/24-21:41)

【2011.02.25追記】
NZ地震の死者113人に、不明者の安否に「深刻な懸念」

 クライストチャーチ(CNN) ニュージーランド南島クライストチャーチを襲った地震で、警察は25日午前、死者が113人に上ったと発表した。まだ200人以上が行方不明になっており、犠牲者はさらに増える恐れがあるとしている。
警察は行方不明者の安否に「深刻な懸念」を抱いていると述べた。犠牲者は遺体の状況により、身元確認が難航しているという。
 現地ではがれきの中から生存者を捜す作業が続いているが、22日の地震発生から3日たった現在も、市中心部のカンタベリーテレビ(CTV)ビルには少なくとも100人が閉じ込められているとみられる。警察は、生存者がいないことは「100%確実」との見方を明らかにした。
 また、パイングールド・ギネスビルに取り残された被災者も絶望的とみられている。
 日本の外務省によると、日本人は語学留学していた学生など27人の安否が確認できていない。

・ニュージーランド地震 CTVビル(キングスエデュケーション)救助活動
YouTube Preview Image