産経ニュース
「宇治茶カフェ」新たに9店 認定対象、府内全域に 京都

 宇治茶を生かした地域づくりを進めようと、茶の業界関係者や行政関係者らで組織している「宇治茶の郷づくり協議会」(杉本貞雄会長)は21日、府内の9店舗を「宇治茶カフェ」として新たに認定したと発表した。認定店はこれで18店舗になった。
 「宇治茶の郷づくり」推進の一環。同協議会が一昨年から、おいしい宇治茶のメニューが3種類以上そろい、歴史や文化の説明ができる「日本茶インストラクター」などが配置されている店舗を「宇治茶カフェ」に認定している。これまでは山城地域限定だったが、今回は府内全域に対象を拡大した。
 今回認定した9店は次の通り。
 茶亭 楓庵(長岡京市)▽丸久小山園西洞院店 茶房 元庵(京都市中京区)▽大谷園茶舗(同東山区)▽福寿園 宇治茶菓子工房(宇治市)▽JA京都やましろ 宇治茶の郷(宇治田原町)▽福寿園京都本店 京の茶庵(京都市下京区)▽茶房 Adonis 福寿草(同)▽IYEMON SALON KYOTO(同中京区)▽茶寮 油長(同伏見区)

宇治茶の郷づくり協議会 | 京都府茶業会議所
日本茶インストラクター協会・日本茶インストラクター