47News
山形の「伝説のコメ」が復活 アイガモ農法学び安定栽培

 味の良さで知られていたが、農薬に弱く大量生産に適さないとして、市場から姿を消した山形県産米の「さわのはな」が近年、有機農法などにより徐々に栽培量を増し、“伝説のコメ”の復活と話題を呼んでいる。
 さわのはなは1960年に山形県が開発。おいしく冷害にも強いとして、県の奨励品種にもなったが、精米すると小粒になるほか、化学肥料で味が悪くなる欠点もあり生産されなくなった。
 山形県長井市で復活に取り組んだのは農業遠藤孝太郎さん(58)と横沢芳一さん(58)。2人は今秋の生産分について予約受け付けを開始するなど、冬の間も着々と栽培の準備を進めている。
 「山形生まれのおいしいコメを残したかった」と遠藤さん。自家用に育てていた農家から種もみを譲り受け、95年に栽培を開始。当初は化学肥料や除草剤も使ってみたが、うまく育たず「田から消えた理由が分かった」という。
 2人は99年、先進的な有機農法で知られた宮崎県綾町を訪れ、町ぐるみの堆肥作りやカモを放し飼いにする「アイガモ農法」を学び、さわのはな作りに応用。その後も収量を追求せず、目の届く範囲で丁寧な栽培を心掛けることで、徐々に安定した栽培を可能にし、昨秋は約5・5ヘクタールの田から約20トンを収穫した。

さわのはな倶楽部
Wikipedia : 有機農法
Wikipedia : 合鴨農法