YOMIURI ONLINE
低炭素都市づくり大賞、次世代路面電車の富山

 二酸化炭素(CO2)排出量の少ない都市を支援する「低炭素都市推進協議会」(会長=北橋健治・北九州市長)は21日、先進地を表彰する「低炭素都市づくり・ベストプラクティス」の第1回大賞に富山市を選定した。
 次世代型路面電車(LRT)を活用し、「歩いて暮らせるまち」づくりに取り組んでいる点が評価された。表彰式は2月11日に京都市で行われる。
 富山市は2006年に富山駅~市北部の全長7・6キロ・メートルを結ぶJR富山港線をLRT化し、「富山ライトレール」としたほか、09年には市中心部を循環するLRT「セントラム」が開業した。北陸新幹線が開通する14年度以降には両路線を接続する計画があり、富山地方鉄道上滝線へのLRT乗り入れ構想も浮上している。

環境モデル都市構想~未来へのまちづくり~
低炭素都市推進協議会の取組紹介 | 環境モデル都市構想
「低炭素都市づくりベストプラクティス」受賞者決定(PDF)
富山ライトレール株式会社
Wikipedia : セントラム