ロケットニュース24
インドネシアにミステリーサークル初登場!

 1月23日、インドネシアのジャワ島で、ミステリーサークルが発見され、騒ぎとなっている。インドネシアでは今までにサークルが目撃されたという報告がなく、初めてのこととあって、現地のUFOマニアの間で話題となっているのだ。
発見されたのは、ジョグジャカルタ市スレイマン。地元のUFO愛好家のヌー・アガスティヌス氏は、「過去に例がない」と興奮気味に語っている。実は数年前、東ジャワでサークルの発見報告があったのだが、報告の信憑性が疑われていた。しかし、今回は間違いなく本物と思われているようだ。
 サークルの大きさは、直径70メートルで円と三角形で構成されている。目撃者の証言では、22日の夕方にこの辺りで小さな竜巻が巻き起こり、翌日にサークルが形成されていたとのことだ。また、ヒンズー教のチャクラの図に似ていると指摘している専門家もいる。現在、地元のガジャ・マダ大学の学生らが調査を進めている。
ちなみに、初めてのサークル出現について、インドネシアのネットユーザーの間でも議論を呼んでおり、「間違いなくUFOの仕業だ」という意見や、「人為的に作られたものだ」という主張する者も。いずれにしても、調査結果が待たれる。

FoxNews.com – UFO Enthusiasts Abuzz Over Indonesian Crop Circles
Wikipedia : ミステリー・サークル