ロイター
史上最古6000年前のワイン醸造跡を発見

 約6000年前のものとみられる史上最古のワイン醸造施設の跡を、米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)のチームがアルメニア南部で発見した。考古学専門誌「Journal of Archaeological Science」に11日、発表された。
 直径1メートルの粘土でできた浅めのボウルが発見されており、その中でブドウを足で踏んで果汁を絞っていたと考えられる。当時は冷蔵庫がなかったことを考えると、果汁が自然に発酵してワインになった可能性が高い。品種はメルローとカベルネソーヴィニヨンだという。
 このワイン醸造跡は小規模であり、周りで多くの墓が見つかっていることから、儀式などに使うためのワインが作られていたとみられている。

At 6,000 years old, wine press is oldest yet found | Reuters