日本経済新聞
北京市、地下鉄5路線を開通 渋滞緩和の切り札に

 北京市で30日、新たに5路線、約110キロの地下鉄が開通した。総投資額は約600億元(約7400億円)。北京市は自動車の急増で深刻な渋滞が頻発し、来年はナンバープレートの発給枚数を3分の1以下に抑える方針。地下鉄を渋滞緩和の切り札と位置付けており、今回の開通で336キロとなった総延長を2020年末には700~1千キロに延ばす構想だ。
 新たに開通したのは15号線、房山線、大興線、昌平線、亦庄線の5路線。主に郊外から中心部を結ぶ路線で、北京市の地下鉄は14路線に増えた。開業した地下鉄の駅と住宅地を結ぶバスも20路線走らせ、市民の利便性を高める。
 北京市は15年末に地下鉄の総延長を561キロまで延ばす構想を描いている。北京市交通委員会の李暁松副主任は「北京の渋滞を解決するには地下の利用を進めるしかない。建設計画の前倒しを検討している」と明らかにした。

北京周四开通五条新地铁线路 | 时事要闻 | reuters.com.cn
北京五条地铁线路今开通 轨道交通路网初步成型-新闻频道-和讯网
Wikipedia(zh) : 北京地铁15号线
Wikipedia(zh) : 北京地铁房山线
Wikipedia(zh) : 北京地铁大兴线
Wikipedia(zh) : 北京地铁昌平线
Wikipedia(zh) : 北京地铁亦庄线
Wikipedia : 北京地下鉄
北京地铁

・北京5条地铁新线今开通 进城只需1小时