asahi.com
バヌアツ沖でM7.3 15センチの津波観測

 米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のバヌアツ近海で26日午前0時16分(日本時間25日午後10時16分)ごろ、マグニチュード(M)7.3の強い地震があった。震源はバヌアツの首都ポートビラの南約230キロ地点で、震源の深さは12.3キロ。
 太平洋津波警報センター(ハワイ)が一時、バヌアツ、ニューカレドニア、フィジーに津波警報を出したが、その後解除した。AFP通信によると、バヌアツでは約15センチの高さの津波を観測したが、被害の情報は伝えられていない。

Welcome to the USGS – U.S. Geological Survey
Magnitude 7.3 – VANUATU REGION