ロイター
キューバが独自のネット百科事典開設、米国は「現代の帝国」

 キューバの視点から世界や歴史に関する項目を解説するオンライン百科事典「EcuRed」が、このほど立ち上げられた。
 14日から正式公開となる同サイトは、13日の時点で閲覧が可能になっており、掲載項目は1万9345件。ユーザーはサイト管理者の承認を得た上で、各項目の内容を更新することができるという。
 同サイトは開設の理由について、「キューバから世界とともに、あらゆる人々のため、あらゆる知識の創造と普及を目指す」と説明しているほか、「植民地支配から独立した国の視点で、利益を求めず、民主的かつ客観的に、知識を集め発展させる」としている。
 サイトでは、キューバと長年対立してきた米国について、「現代の帝国」で「史上最強の国」と表現。歴史的には「力ずくで領土や天然資源をほかの国から奪ってきた」とし、「地球上で生産されたエネルギーの25%を消費している」と述べている。

EcuRed

Cuba launches Wikipedia-like online encyclopedia | Reuters
EcuRed