CNN.co.jp
原発事故のチェルノブイリ観光を解禁へ ウクライナ

 ウクライナは史上最悪の原発事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所周辺の立ち入り制限を解除し、2011年に観光地として正式に開放する方針を明らかにした。
 チェルノブイリ原発は1986年に爆発・炎上事故を起こして作業員や消防士32人が死亡。国際原子力機関(IAEA)の推計によれば、放射性物質を浴びたことによるがんなどの死者は約4000人に上るとみられる。
 ウクライナ政府は周辺の半径30キロ以内を立ち入り禁止区域に指定して一般の立ち入りを制限していたが、この制限の撤廃計画を12月21日に発表する。バロガ非常事態相が明らかにした。
 「チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌」の著書があるメアリー・マイシオ氏によると、一帯のバックグラウンド放射線は現在でも通常値を大幅に上回る。しかし、立ち入り禁止区域内は野生生物が戻り、ゴーストタウンと化したプリピャチの町でも樹木が再生しているという。
 カナダの旅行会社によると、現在でも夏の間は管理当局公認のガイドが1日約20~30人を5時間から6時間程度立ち入り禁止区域内に案内している。ガイドが放射線量を測定し、立ち入り可能な場所を見極めているという。
 観光する場合は、万が一被曝した場合に備えてその場に捨てていける着衣を身に着けた方がよいとマイシオ氏は助言する。ただし、放射性物質の大半は地面に吸収され、観光客が浴びる放射線の量は、大西洋を横断する便に乗った場合と同程度だという。

Holiday in Chernobyl: Ukraine to lift restrictions on disaster site – CNN.com
Wikipedia : チェルノブイリ原子力発電所
ГСП Чернобыльская АЭС –
Wikipedia : チェルノブイリ原子力発電所事故