AFPBB News
ロシアで新型高速鉄道が開通、プーチン首相さっそく乗車

 ロシア第2の都市サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)とフィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)を結ぶ新型高速鉄道「アレグロ(Allegro)」の運行が12日から始まり、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)露首相とタルヤ・ハロネン(Tarja Halonen)フィンランド大統領が1番列車に乗って開通を祝った。
 この新型高速列車は、サンクトペテルブルク・ヘルシンキ間(約450キロ)の移動時間をこれまでより2時間短縮し、両都市を3時間半で結ぶ。サンクトペテルブルクで軍楽隊の出迎えを受けたプーチン首相は、「とても速くて、おしゃべりをする間もなかった」と記者団に冗談を飛ばした。
 ロシアの高速列車としては、サンクトペテルブルク・モスクワ間を結ぶ路線に次ぐ2本目。主催が決まった2018年W杯では、会場予定地の13都市を結ぶ距離は、最も離れた都市間で3000キロにもなる。プーチン首相はロシア通信(RIA Novosti)に対し、「W杯開催都市の間に高速鉄道を作る計画を立てている」と述べた。

Wikipedia : カレリアントレインズ
Wikipedia(fi) : Karelian Trains
VR-konserni
Kuvia Allegro-junasta – VR-konserni
Allegro-video 1
Allegro-video 2

・Allegro AE 37 Arrives & Departs Lahti
YouTube Preview Image