京都各地の紅葉がピークを迎えているようで観に行った。人ごみが嫌いなのでたいていの場合は平日に行くことにしているが来週は行けそうにも無いので、おそらく紅葉シーズンのうちで最大の人出が予想される日曜日の今日に出かけた。どこへ行っても混んでいるだろうから向かう場所を嵐山だけに決めた。電車・バスなどでは面倒なので車で向かうことにしたが、当然ながら駐車場はすぐに満車状態になるので夜中のうちに出発して嵐山観光駐車場の前で待つ事に。早朝4時半ごろに駐車場前に到着。6時ごろにはけっこうな台数の車が列が出来ていた。駐車場に車を入れてまずは渡月橋界隈を散策。天気は快晴で日中は暖かくなったが早朝はかなり冷え込んだ。
 渡月橋からぶらりと落柿舎を経由して常寂光寺へ向かう。8時半すぎに到着したが開門は9時。すでに数十人の列が出来ていたせいか、8時40分頃に開門となり入山。山門を抜けるとまずは仁王門の周りの紅葉が目に入るが、今年の紅葉は色づきがとても良かった。ここ数年は葉っぱの色づきにムラがあったが、今年はシーズン前から予想されていたとおり溜息が出るほど美しく色づいていて、まさに「燃えるような紅葉」だった。仁王門だけではなく、登っていくと本堂や多宝塔周辺の紅葉も文句なしの色づき。こんな美しい紅葉を観たのは何年ぶりだろう。眠い目をこすりながら来た甲斐があった。
 常寂光寺でゆっくりと鑑賞したあと人ごみを避けて渡月橋の上流側にある嵐山公園へ向かった。この公園内にある紅葉も美しく色づいていた。その割には観光客が少ないので穴場な感じ。公園にある展望台からの眺めもなかなか良かった。ここでしばらくのんびりと過ごしたあと鈴虫寺に車で向かった。11時半頃に到着したが駐車場待ちの車が30台ほどいたのと、眠くなってきたのでもう諦めて帰宅した。

嵐山・渡月橋付近


落柿舎


常寂光寺・仁王門付近


常寂光寺・多宝塔


桂川沿いより


嵐山公園(亀山地区)展望台より