YOMIURI ONLINE
車高の低さ世界一、山陽高生が電気自動車開発

 岡山県浅口市のおかやま山陽高自動車科の生徒が、ギネスブックに登録されている世界一車高が低い自動車(19インチ=約48センチ)を1インチ(2・54センチ)下回る車高18インチ(約45・4センチ)の電気自動車「MIRAI(ミライ)」を開発、15日に同校で完成発表会を開いた。
 今後、ギネスブックに申請する。
 同科の1、3年生12人が今春から着手。設計から製作までを手がけ、バッテリーなど一部の部品以外は、生徒たちが作った。
 当初はガソリン車での製作を検討したが、環境に配慮して電気自動車に変更。公道を走れるよう地面から車の底までを9センチ空け、厚さ約35センチのボディー内に走行に必要な部品を納めた。手本が無いなか、生徒同士でアイデアを出し合い、サスペンションを横にして配置するなどの工夫をした。
 車名は「車が未来の世界でも進歩し、活躍してほしい」との願いが込められ、ボディーは電気をイメージした黄色。1人乗りで、最高時速は50キロ。フル充電では、時速30キロで約8時間走れるという。
 発表会では製作を指導した森秀樹・同科長(38)の運転で静かに走り出し、カーブをスムーズに曲がる姿を披露。同科1年、寺井竜矢さん(16)は「走るか心配だった。高校生でも『やればできる』ということを見てもらいたい」と話していた。

おかやま山陽高校|生徒の個性・能力を引き出し、持ち味を大切にした高校を目指します
Wikipedia : ギネス・ワールド・レコーズ
Guinness World Records – Home of the Longest, Shortest, Fastest, Tallest facts and feats
ギネス世界記録 – 日本公式サイト