レコードチャイナ
最も人口の多い都市圏、東京が3670万人で1位―米国メディア

2010年9月、ザ・ボストン・グローブ紙が「世界で最も成長の速い都市」に関する調査を行い、バングラデシュの首都・ダッカが世界で最も成長の速い都市として選ばれたと、米リベラル系インターネット新聞ハフィントン・ポストが伝えた。
この調査では、同時に人口に関しても調査が行われ、日本の東京が人口3670万人で「世界で最も人口の多い都市圏」として選ばれた。2025年には3710万人に達すると予測されている。2位はインドのデリー2220万人で、2025年には2860万人にまで増加すると予測。3位はブラジルのサンパウロ2030万人。中国からは上海が7位にランクインした。人口は1660万人。
記事では人口の急増は世界各国の都市化を加速させており、収入格差・失業率上昇・エネルギー不足・環境汚染など多くの危険性をもたらしていると指摘され、専門家が各国に人口増加の抑制を呼びかけているという。

<人口の多い都市トップ10>
1.東京(日本):人口3670万人
2.デリー(インド):人口2220万人
3.サンパウロ(ブラジル):人口2030万人
4.ムンバイ(インド):人口2000万人
5.メキシコシティー(メキシコ):人口1950万人
6.ニューヨーク(アメリカ):人口1940万人
7.上海(中国):人口1660万人
8.コルカタ(インド):人口1560万人。
9.ダッカ(バングラデシュ):人口1460万人
10.カラチ(パキスタン):人口1310万人
※編集部注:これは国連が今年発表した世界の都市圏人口に基づくもので、東京の人口が3670万人となっているのは、東京都の人口ではなく首都圏の人口を指している。

The Boston Globe Online – Boston.com
Breaking News and Opinion on The Huffington Post
Dhaka: The World’s Fastest Growing Megacity | The Huffington Post
Dhaka Bangladesh | Megacity | Urbanization
The World’s Largest Megacities (PHOTOS) | The Huffington Post