YOMIURI ONLINE
気分は「坊っちゃん」、道後交番が明治風に

 愛媛県の道後温泉などを訪れる観光客や地域住民の安全を守る松山市道後町の道後交番が建て替えられ、地元の幼稚園児らが出席して9日、開所式が行われた。
 初代の道後交番は1939年、現在の交番がある伊予鉄道後温泉駅付近に設置。76年に建てられた3代目交番が老朽化し、今年5月から建て替え工事が行われてきた。
 開所式では、同市喜多町の道後聖母幼稚園の園児代表2人がテープカット。平岡公明・松山東署長が「新庁舎が完成し、より一層職務に励みます」とあいさつし、園児39人は「これからもよろしくおねがいします」と元気に声をそろえた。
 前の建物は特徴のないグレーのコンクリート製だったが、新交番は木造2階建てで、夏目漱石の小説「坊っちゃん」などに代表される明治時代の雰囲気を持たせようと、外装に茶色のレンガ風タイルを使用。また、気軽に出入りできるよう自動ドアにし、観光客などが使えるトイレも設けられた。

愛媛県松山東警察署
伊予鉄道株式会社
Wikipedia : 道後温泉駅