2・3日前の新聞か何かに山が色付いているという記事を思い出したので午後から大台ケ原へ行った。本来なら朝早く出かけてハイキングをするのが一番だが、13時頃の出発で片道2時間半もかかるのでそれは諦めて、大台ケ原ドライブウェイから山頂駐車場に向かいながら景色を眺めることに。雨が多いことで有名な場所だが晴れていて良かった。山頂駐車場には15時半頃に到着。途中の道路脇の木々は色付いていたが(紅葉しない木もあるけど)、今年の色付き具合はこのところの不順な天候のせいか、今ひとつのような感じ。山頂駐車場で遅い昼食を取ってから、来た道を5kmほど戻り西側が真正面に見える場所で夕日を眺めようと停車。このまま天気が良ければ(雲が出なければ)ずっと先に見える稜線に日が沈むのを見れる。1時間ほど経って稜線に日が近づき始めた頃に雲が出始め、残念ながら期待した光景は見ることが出来なかった。大台ケ山は奈良・吉野と三重に跨っている山だが、気象条件が揃えば山頂展望台から富士山も見える。山頂駐車場でいろいろ話を聞いたところ前日に富士山が見えたらしい。是非いつか見てみたいものだ。

大台ケ原

大台ケ原

大台ケ原