世界遺産・下鴨神社(賀茂御祖神社)流鏑馬神事(やぶさめ。「矢伏射馬」とも書くらしい)を見に行った。京都駅に着くと連休中とあって物凄い数の観光客だ。満員のバスに揺られて下鴨神社へ向かう。流鏑馬のメインは1時半過ぎくらいから始まる予定だったが500m程の直線コース沿いの最前列は到着時(10時半頃)には殆ど場所取りされていた。12時発売の有料席も発売待ちの列。この状態だと今日は写真を撮るのは厳しいかなと半ば諦めておとなしく見ることに。開始予定時間よりかなり遅く始まった。テレビ映像で観るのとは違ってナマで見るのは迫力があった。
最後まで居ると帰りが大変そうなので大勢の客が見入ってる間に下鴨神社を後にして、徒歩20分ほどのところにある白峯神宮へ。ここはスポーツ関係者が参詣する神社で有名だ。一応スポーツ全般となっているが、本来ここに祀られている精大明神は蹴鞠の守護神。球技の神様だけあってサッカー、バレーボール、野球など北から南まで日本全国の各競技有名チーム、有名校、日本代表チームなどが訪れているようだ。お守りもユニークで、ここのは「闘魂」と書かれている。球技に励んでいる身内にお守りを購入してバスで京都駅に向かい帰路についた。

下鴨神社・流鏑馬神事

下鴨神社・流鏑馬神事

白峯神宮