今日も美術館巡りをすることに。夕方から東京ドームへ行く予定だったのでホテルの近場の美術館に絞り込んだ。まずは今週末にオープンする国立新美術館の外観を見に(オープン前なので中に入れない)六本木へ移動。外観を見ただけでも行きたくなるような美術館だった(設計は黒川紀章)。どうやらリヨンの三ツ星レストランが美術館内にあるらしい。料理の匂いが美術館内に広がらない工夫もされてるとか(ソウル市立美術館も見習ってくれ!)。それとここのランチが1,800円とのこと。
日比谷線で恵比寿へ移動。恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館へ(「光と影」(3F)、「球体写真二元論:細江英公の世界」(2F)、「日本の新進作家 vol.5-地球(ほし)の旅人-」(B1F) )。写真は感動みたいなのがストレートに伝わって来る。
宿がある銀座に戻って東京国立近代美術館フィルムセンターへ。「生誕110周年記念 衣笠貞之助の世界」(7F)を観てこの展示以外に昔の映写機や撮影カメラなどの展示もあったので鑑賞。ちなみに東京国立近代美術館の本館と工芸館は少し離れた竹橋にある。次にブリヂストン美術館へ行き「じっと見る 印象派から現代まで」を鑑賞。ここの所蔵品は中途半端な公立美術館より凄いと個人的には思った。一旦宿に戻る前に東京国際フォーラムへ立ち寄って敷地内でフリマをやってたのでそれを見て帰った。
1時間ほどホテルで休んで東京ドームへ。日本元気プロジェクト KANSAI SUPER SHOW「太陽の船」を観た。サイトには「豪華キャスト」で「特別ゲスト・長渕剛」とあったが個人的に見たかったのは上戸彩(笑)。この公演、「豪華キャスト」だけのものかなと思ってたけど何と開演序盤から「その他大勢」が2千人位いて驚いた。凄過ぎ。見終わっての感想としては長淵の時間を割いて上戸彩にもっと出て欲しかった(クドイ?)。