朝から竹富島へ「種子取祭」を見に行った。島では年間に24ほどの行事があるらしいが、この種取祭が最大のイベントだそうだ。外での舞踊に始まりそれがひととおり終わると屋根のある舞台で舞踊や狂言が行われる。この日は島の出身者たちがあちこちから戻ってくるそうで、石垣島からの船も満杯だった。
午後の狂言の台詞はすべてこの島の方言なために可笑しい場面でもさっぱり分からず、笑っていたのはお年寄りだけだった。昼過ぎになって天気が怪しくなり、そのうちにけっこう強い雨が降り出したので石垣島へ戻った。船でたった10分ほどしか離れていないのに石垣島は雨が降ってなかったが、しばらくすると降り出したのでホテルへ引き上げて今日の予定終了。
ところで「種子取」の読み方がいろいろあるようだ。会場では観光客も多いせいか「しゅしとり」と言っていたが、あるサイトでは「たんどり」、そして会場で売っていた記念Tシャツには「たなどぅい」と書かれている。

竹富島・種子取祭

竹富島・種子取祭

竹富島・種子取祭

竹富島・種子取祭

竹富島・種子取祭

竹富島・種子取祭

竹富島・種子取祭