早めに起床して広島平和記念資料館へ向かい09時前に入館。目を覆ってしまうような展示物がたくさんあったが、全世界の人類が二度とこのような惨劇を起こさないようにしなければならないと痛感させられる。資料館を出て世界遺産・原爆ドームへ向かう。じっくりと眺めながら改めて原爆の凄まじさが伝わってきた。すぐ近くの爆心地へ行くとそこにはビル(病院)が建っており前に説明板があるだけで平和な雰囲気が漂っていた。来年(2009年)3月に閉場が決まっている広島市民球場の脇を通ってひろしま美術館へ。鑑賞を終えて次は広島城へ向かった。のんびりと城内を散策したあと広島県立美術館へ移動した。この美術館には縮景園が隣接しており共通チケットで入園することができる。園内をゆっくり散策したあと車で広島市現代美術館へ行き、鑑賞を終えて呉市・大和ミュージアムへ向かい13時過ぎに到着。中に入ると10分の1スケールの戦艦大和が展示されており圧巻だった。ひと通り鑑賞したあと道路を挟んで向かいにある海上自衛隊呉史料館・てつのくじら館へ。こちらも建物に隣接した野外に潜水艦あきしおの実物があり、その大きさには驚かされる。ここを出てから車で呉市入船山記念館へ移動。こちらは旧呉鎮守府司令長官官舎など歴史を感じることができる。隣には呉市立美術館がありそちらにも立ち寄った。一息入れたあと国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる公園・アレイからすこじまへ。潜水艦のみならず海上自衛隊の護衛艦も係留されていた。今日はけっこうハードな旅程だったがここで終了。

広島平和記念資料館

原爆ドーム

旧広島市民球場

ひろしま美術館

広島城

広島県立美術館

縮景園

広島市現代美術館

大和ミュージアム

てつのくじら館

アレイからすこじま