45億年前なんて気の遠くなるような数字だけど、その年代を割り出してしまう科学技術も凄い。

時事ドットコム
最古のマントル物質発見=45億年前、カナダ北極圏で-国際チーム

 北極圏にあるカナダ・バフィン島とグリーンランド西部で、地球が誕生して間もない45億5000万年前から44億5000万年前のマントルに由来する溶岩を発見したと、米カーネギー研究所などの国際研究チームが17日までに英科学誌ネイチャーに発表した。地上に残る最古のマントル物質という。
 地殻の下にあるマントルは、かんらん石などで構成され、地球の体積の8割強を占める。長期的にゆっくりと対流しており、地殻の大半も形成と消滅を繰り返しているため、これほど古い物質が残っていたのは予想外。地球は太陽系の微小な惑星が合体を重ねてできたと考えられているが、初期の姿を解明するのに役立つと期待される。
 研究チームは、溶岩に含まれるヘリウムや鉛、ネオジムの同位体比率を調べ、年代を割り出した。初期のマントルの化学組成はこれまで、隕石(いんせき)の中でも原始的な「コンドライト」と呼ばれるグループに似ていると考えられてきたが、この溶岩の分析結果は異なっていた。
 これは、初期の地球がマグマの海で覆われた後、原始的な地殻がいったん形成されてから消滅する過程を経たのが原因かもしれないという。

Access : Evidence for the survival of the oldest terrestrial mantle reservoir : Nature
Earth’s oldest mantle discovered
Wikipedia : マントル
Wikipedia : コンドライト