YOMIURI ONLINE
ミケランジェロの「隠し絵」神の姿に脳幹解剖図

ルネサンス期のイタリアの芸術家ミケランジェロがバチカン・システィーナ礼拝堂の天井に描いた神の絵に、脳の一部や目の神経系などの解剖図が、一見ではそれとはわからない「隠し絵」として描き込まれていることが、米ジョンズホプキンス大学の研究でわかった。
専門誌ニューロサージェリーに掲載された。
隠し絵がみつかったのは、闇と光を分ける神の絵。同大の脳外科医と医療イラストレーターが、画像をデジタル処理して輪郭などを細かく調べた。その結果、神のあごひげからのどにかけての凹凸が、中脳や延髄などが集まった「脳幹」という脳の中枢部を下から見上げた解剖図と重なった。この不自然な凹凸については、ミケランジェロの意図について専門家の間でも論議があった。
腹部にも不自然なひだが描かれており、これは、同時期に活躍したダ・ビンチが残した目と視神経の解剖図によく似ているという。
ミケランジェロやダ・ビンチは人体を描くために遺体の解剖を行い、医学や生物学の高度な知識を持っていた。

システィーナ礼拝堂 バチカン宮殿にある礼拝堂。15世紀に法王シクストゥス4世によって建てられた。16世紀にミケランジェロが描いた旧約聖書の9場面からなる天井画や、壁画「最後の審判」が有名。

記事中の画像を見ると脳幹解剖図に似ているけど、実際のところそういう意図があって描かれたのだろか。今後は他にも何か発見があるかもしれないが、礼拝堂の天井が高すぎて(しかも薄暗い)観光客としては双眼鏡でも持っていかない限り今回の発見部分を確認するのはちょっと難しいかも。

Wikipedia : システィーナ礼拝堂
Musei Vaticani : Cappella Sistina

システィーナ礼拝堂の天井画(矢印は今回の発見部分)