わが国の少子高齢化が進んでいるようです。政治家センセイのみなさん、政権や派閥争いに現を抜かしている場合ではないですよ・・・。

YOMIURI ONLINE
人口3年ぶり減…出生者2年連続減・死者最多で

 総務省は31日、住民基本台帳に基づく今年3月31日現在の人口を発表した。
 全国の人口は前年比1万8323人減の1億2705万7860人で、3年ぶりに減少に転じた。
 出生者数から死亡者数を引いた「自然増加数」が7万3024人減となり、過去最大となったのが主な要因だ。
 全国の人口は2006年に初めて減少し、07年も微減となった。08、09年は2年連続で増えたが、対前年増加数は1万人台と小幅で、同省は「人口減少の流れは続いている」と見ている。
 出生者数は107万3081人(前年比1万5407人減)で2年連続減少する一方、死亡者数は114万6105人(同1万1703人増)で過去最高となった。
 海外からの転入や帰化などに伴う「社会増加数」は5万4701人増(同1218人減)だった。社会増加数は2年連続で5万人台の増加となっており、同省は「08年秋の金融危機以降の景気低迷で、企業が海外から撤退していることが一因」と分析している。帰化は毎年1万5000人程度増えているという。
 東京圏、名古屋圏、関西圏の3大都市圏の人口は6417万1324人で全国人口の50・51%で、4年連続して半数を超えた。市部(東京23区を含む)の人口は1億1495万4512人。市町村合併の進展で全国の人口に占める割合は90・50%となり、初めて9割を超えた。
 人口増加数のトップは東京都の6万1654人増。人口増加率のトップは沖縄県の0・60%だった。

総務省 : 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成22年3月31日現在)