ふと思い立って兵庫県立美術館へ「シャガール展 色彩の詩人」を観に行った。美術館が見えてきた時に月曜日(休館日)であることに気づき、しまったと思いながら見てると、どう見ても美術館関係者には見えない二人連れが入って行くのが見えたので覗いてみると開館していた。ラッキーなことにどうやら特別開館日だったようだ。しかも先着順にミュー ジアムショップでも売ってるポストカードのプレゼント付き。更に鑑賞客が少なくてゆっくり鑑賞できた。

ところで、最初の妻ベラとの再会・結婚の幸福感を描き表しているらしい「街の上で」という139×197の大きな作品で、よく見ると下端に小さく 描かれている人物が何をしているのか気になって展覧会カタログを買って作品の説明を読んでみたがその人物には触れていなかった。で、いろいろググって見るとおしっこをしてるおばさんらしい。うーん、芸術って奥が深い(笑)。

シャガール展

ポストカード