Escapee blog

旅行記、旅に関するニュースネタ、スポーツ、独り言など


東京ディズニーランド、15日再開を発表 シーは月内にも

日本経済新聞
東京ディズニーランド、15日再開を発表 シーは月内にも

 オリエンタルランドは12日、休園中の東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)の営業を15日に再開すると発表した。計画停電が原則終了したため、TDLの開業記念日の再開園を決めた。東京ディズニーシー(TDS、同)は早ければ月内に再開する方針。
 節電のため夜間営業は自粛する。4月の通常の営業時間は午前8~9時から午後10時までだが、当面、午前8時から午後6時とし、営業時間を3~4時間短縮する。施設の照明や空調を抑え、電力の使用量を落とす。
 TDLとTDSでの来園者の平均滞在時間(8時間半弱)を上回る営業時間を確保し、アトラクションも通常通りに運営するため、料金は変更しない。5800円の大人の1日パスポートは23日に4年半ぶりの値上げも実施し、6200円にする。5月14日まで入園者1人当たり、300円を被災地に寄付する。
 夏場の節電対策では、自家発電の導入に加え、TDLとTDSの開園・閉園時間をずらす案を検討している。
 ただ、業績への影響は避けられそうにない。野村証券の桜井雄太シニアアナリストは「3月は1日の休園で10億円程度の減収、営業利益で6億円程度の減益要因となる」とみる。夜間営業の自粛で従来通りの客足確保は難しいとの見方もある。

「東京ディズニーランド®」の運営再開について | オリエンタルランド(PDF)

No Comments

スカイマーク、国内線「片道980円」も 成田-那覇など 4路線、開設3カ月間

日本経済新聞
スカイマーク、国内線「片道980円」も 成田-那覇など 4路線、開設3カ月間

 スカイマークは12日、今年11月から成田空港に就航し、旭川、新千歳、福岡、那覇を結ぶ国内4路線を順次開設すると発表した。いずれも開設後3カ月間は、1便あたり20席程度を「片道980円」で販売するという。
 将来は函館、出雲、高松、徳島、石垣も加え、成田に9路線を設ける。全日本空輸が出資した格安航空会社が2011年度中に関西国際空港で運航を始めることなどに対抗。成田を軸に低価格路線を強化する。同日開いた事業計画説明会で西久保慎一社長は「羽田空港発着の路線よりも2000円程度安い運賃を設定し、顧客を開拓する」と述べた。
 スカイマークは14年をめどに国際線に参入し、成田とロンドンなど欧米3都市を結ぶ路線を開設する計画を掲げている。成田発着の国内線ネットワークを国際線事業につなげる狙いもある。

[プレスリリース:「成田シャトル」構想を発表 成田-旭川・札幌(新千歳)・那覇・福岡まで980円より]

No Comments

ホテル宿泊価格の国際ランキング、香港が7位に浮上―英HRG調査

レコードチャイナ
ホテル宿泊価格の国際ランキング、香港が7位に浮上―英HRG調査

 2011年4月11日、中国新聞網によると、英ホッグ・ロビンソン・グループ(HRG)が同日に発表した2010年度の調査データから、香港のホテル宿泊料相場が前年比12%上昇し、世界で最も宿泊料の高い都市トップ10入りしたことが分かった。
 ランキングでは、2009年調査で上位に入っていたアブダビ(UAE)やマナマ(バーレーン)、コペンハーゲン(デンマーク)、アテネ(ギリシャ)、ミラノ(イタリア)が上位10から落選、代わってチューリヒ(スイス)や香港、ストックホルム(スウェーデン)、ドーハ(カタール)、リヤド(サウジアラビア)がトップ10入りした。2010年は過半数の地域でホテル宿泊料が上昇したが、特にアフリカとアジア太平洋地域での価格上昇が目立ち、世界的金融危機以前の水準を取り戻しているという。
 世界で最もホテル宿泊料金が高かったのはモスクワで、今回で6年連続の首位。中国は万博開催の影響もあり、上海市が2%上昇し40位。北京市は、08年の五輪終了後、客室供給過多となった影響が現在も残っており、09年と比べて10%下降、60位と順位を下げた。

Corporate Travel Services – Business Travel Management | HRG

No Comments

フランス・ブルカ禁止法施行

AFPBB News
フランス、ブルカ禁止法を施行

欧州で国内のイスラム教徒人口が最も多いフランスで11日、イスラムの女性が顔をすべて覆うベールを禁止する法律が施行された。
 欧州では同様の動きが広がっているが、実際に禁止法を施行したのはフランスが初めて。ベルギーでは同様の法律が議会を通過しているがまだ施行されていない。オランダでは極右組織などの指導者らがやはりブルカの禁止法を提案している。イタリアでは右派の北部同盟(Northern League)が今回のフランスの法律をモデルにロビー活動を行っている。
 同法の施行によってフランスでは、社会的緊張が増すおそれがある。施行に先立ちパリ(Paris)では9日、ベールをかぶった女性19人を含む59人が、禁止されていた抗議行動を決行して逮捕された。またこの集会に参加しようと、英国とベルギーから入国しようとした2人が身柄を拘束された。
 顔全体を覆うベールの着用は中東および南アジアでみられるイスラムの慣習だが、フランス当局は同国に居住するイスラム教徒400~600万人のうち、このベールを実際に着用している女性は2000人程度と推計している。
 一方、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の指導者、ウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者などイスラム原理主義者たちはこの禁止法はフランスがイスラムに戦いを挑んでいるあらわれだとして、フランスへの攻撃を呼び掛けている

Appliquer la loi sur la burqa : “Ce n’est pas la priorité des policiers” – LePost.fr (14:14)
Wikipedia : ブルカ

No Comments

韓国・金剛山観光、北朝鮮による独占権取り消しに韓国反発

日本経済新聞
金剛山観光、北朝鮮による独占権取り消しに韓国反発

 韓国と北朝鮮の間で2年半にわたり中断している南北共同事業、金剛山観光の扱いを巡り、双方の応酬が激しくなってきた。事態膠着にじれる北朝鮮が先に、韓国側事業主体である現代グループの独占権を取り消すと表明。韓国側は即時撤回を求め、強く反発している。
 まず動いたのは北朝鮮側。対韓国窓口の朝鮮アジア太平洋平和委員会が8日、現代グループとの観光契約のうち「独占権に関する条項の効力を取り消す」との談話を発表した。
 金剛山観光事業は2008年の韓国人観光客射殺事件後に中断し、韓国側は事件の真相究明を要求。今後の扱いについて、同委の談話は「北(朝鮮)側地域を通じた観光は我が方が担当し、海外事業者に委任できる」と独自に事業を進める意向も示した。
 ただ、北朝鮮にとって事業は外貨獲得手段の一つで、円満な形で早期再開に持ち込みたいのが本音。韓国側は「独占権取り消し」談話の裏に、韓国の歩み寄りを誘う“揺さぶり”の意図を読み取る。韓国統一省報道官は11日の記者会見で「一方的な主張で受け入れられない」「南北合意、国際規範に合わない不法で不当な措置」などと北朝鮮を強く非難した。

Wikipedia : 金剛山 (朝鮮)
Wikipedia : 金剛山観光地区

:::: 가슴에 남는 여행-금강산관광 ::::

No Comments
Rss Feeds